ご挨拶
☆会社を変えていくために☆

 絶えず変化を求められる現代社会において、中小企業の経営者が抱える悩みもまた様々です。一見同じことのように思える問題も、企業の生い立ち、業界の歴史・慣習、その企業を構成する人々の多様な個性などが複雑に絡み合い、実はひとつとして同じ問題はありません。
 しかし、経営者が抱えている問題がどのようなものであったとしても、その原因は常にその企業自身の中に存在しているのです。「問題は全て自分の中にある」〜そう思えるかどうかでその後の展望も全く違ったものになってきます。「自分たちの問題は自分たちの力で必ず解決できる」という強い信念を持った経営者だけが「会社を変える力」を手に入れることができるのです。
 常に明確な目標を指し示し、ひとりひとりの従業員の可能性を精一杯に引き出しながら、“企業目標の実現”この一点に総力を結集させる 〜 これこそが「会社を変える」強いリーダーのなすべき責務に他なりません。そして、そんな誰よりも強い思いを持ち続けている中小企業の経営者を全力でサポートするために私たちはこの仕事を続けています。

人事労務ニュース
人事労務ニュース

2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法2017/04/25
企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28

>> バックナンバーへ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   
 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、定年再雇用者の無期転換権についてとり上げます。 >> 本文へ

旬の特集
旬の特集

   
 4月は新卒を始め、従業員の入社が多い月となることから、今回の旬の特集では従業員が入社する際に行うべき法的事項とその留意点についてとり上げましょう。>> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 新卒社員の入社に関する業務が一段落したところかと思いますが、そろそろ夏季賞与算定の準備が必要ですね。業務がたくさんあるので、計画的に進めていきましょう。>> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
時間外労働(残業)
一般的には所定労働時間を超えて労働する時間をいう。時間外労働には、労働基準法第32条で定める法定労働時間を超えて労働する時間外労働と、所定労働時間を超え、法定労働時間内で労働する時間外労働の2種類に分けて把握されることがある。前者を法定外労働、後者を所定外労働や法定内残業等と呼ぶことがある。

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
労働者名簿
労働基準法の規定に基づき、事業所に備えつけなければならない重要書類のひとつである労働者名簿のサンプルです。
shoshiki019.doc(31KB)  shoshiki019.pdf(4KB)

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

保育園などに入れない場合2歳まで育児休業が取れるようになります!
2017年10月1日に施行される改正育児・介護休業法の内容(育児休業を2歳まで再延長することが可能になるなど)を記載したリーフレット
重要度:★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2017年04月
nlb0169.pdf(417KB)
 
お問合せ
☆ Team Build ☆
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町
1−12−1−3C
TEL:06-6310-8803
FAX:06-6310-8809